会社を辞めることを伝えるタイミング

会社を辞めることを伝えるって、いつ言えばいいのだろう?誰に伝えたらいいのだろう?退職届用意した方がいいのかな?など

考えることがたくさんあって、頭を抱えてしまいますよね。

考えることが多いため、いろんなサイトを調べて、疲れてしまい先延ばしにしてしまうことを考えてしまっているんではないでしょうか?

僕も、辞めようと思っても悩みを相談できる人が周りにいないため1人で悩んで、結局行動を起こせたのも1年以上先のことでした。

会社に後ろめたい気持ちだとか、会社でちょっといいことがあったりすると気持ちが揺らいでしまうこともあるかもしれません。

そこで、今回は僕が退職を報告したことについて書かせていただきますね。

僕が会社を辞めようと思った理由は?

新卒や中途で面接を受けてやっと就職できた会社なのですが、務めて見みるとたくさん嫌なことを目の当たりにしてしまうと思います。

僕が務めていた会社も、新人として入ったはいいけど業務を教えてくれないし、しまいには「てめえで考えろ!」なんて言われてしまうかなりブラックな会社なんです。

入ったばかりの時は、会社に対して不安だけでも和気藹々として仲良く楽しい会社員生活を想像していたのですが…

現実は厳しく、放置されてよくわからない、何に使うかもわからない商品のカタログを見る毎日に嫌気がさしていました。

それでも1ヶ月、半年とたってくると仕事もふってくれるようになって、「ようやくまともな仕事ができるようになってきたなあ」なんて思ったりもしてくるのですが…

基本的には、仕事は自分で覚えろという風習は変わらず、会社に対して疑問を持つようになりました。

慣れというのは、怖いもので「てめえ!」とか「おまえ!」など強い口調で言われることも変に思えなくなってしまうのですが、言われる方としてはやっぱり辛いし、

仕事でミスがあったら、「てめえでなんとかしろ!」って、まともに教えてくれないし対策方法もわからないのにと思うのですが、先輩に逆らえず「はい…」とガムシャラに業務をやるしかありませんでした。

僕のあとにも数人、中途で入社してくるのですが3ヶ月の試用期間で見切りをつけて辞めていく姿を見ているうちに「やっぱりこの会社はやばい」と思うようになりました。

それに9年務めていた先輩も、かなり罵倒されて精神的に辛くなって辞めていったこともあり、自分も辞めたほうがいいと強く思うようになりました。

仕事って、お金を稼ぐために来ているわけで、多少辛いのは仕方ないにしろ精神的に追い詰められてまで働くのはなんか違うなあと疑問に思うようになりましたね。

会社を辞めたいけど勇気がない

とは言え、会社を辞めるってかなり勇気がいることだと思います。

僕は中途で会社に2年務めた時に辞めることを考えていましたし、嫌すぎて退職届を内ポケットに忍ばせて出社したことがあります。

だけど、結局退職届を出せなかったんですよね…

前日に退職届をパソコンで作って「よし!明日出すぞ!」と思っていたのにも関わらず、次の日になってみると出すことによって

退職までイジメられないかな?周りに迷惑をかけて何か言われてしまうのではないか?など考えてしまい、退職届を出せずに業務を普段通りにこなしていました…

会社を辞めるってかなり勇気がいることですし、辞めると決断したとしても恐怖は拭えないし一日置いてしまうことによって、勢いも消えてしまうと思うんです。

僕も実際に辞めると宣言できたのが、3年半務めたときですし、1年以上先延ばしにしてしまったんですよね。

ただ、実際に伝えた時に思ったのは、2年目の時に勇気を出して話せばよかったということです。

結局、会社を辞めるということを考えるということは会社に対して「この会社おかしい」という自分の危険信号なのだと思います。

長くダラダラ務めたとしても、やりたくない仕事を続けていくことはたまにいいことがあったとしても辛いことだと思います。

決断を先延ばしにしない方がいい

そんな僕みたいな後悔はしてほしくないですし、辞めようと思ったらすぐ行動を起こしたほうが、楽しい人生が待っている可能性が高くなると思います。

一時的に無職になったとしても、精神的に辛くなければ絶対にいいと思いますね。

とは言え、僕は退職を伝えるのに1年半以上も掛かっているので…

今は、辞めると伝えて本当によかったと思っています。

 

日本の会社って、やはり年功序列という考えで長く務めている人が偉いだとか仕事は自分で盗めとか未だにあるんですよね。

それって、パワハラとかセクハラにあたると思いますが、中々訴える勇気のある人って少ないと思いますし、我慢している方も多いのではないかと思います。

訴えれば勝てる!なんて思っていてもその後の自分の立場を考えてしまうと中々勇気がでないと思います。

ただ、それで本当にいいのでしょうか?

 

もしかしたら、他の業種にいったらストレスフリーで働くことができるかもしれませんし、今の会社が天職ではないかもしれないです。

「会社を辞めます」と言うだけですし、勇気を出して伝えたら違う世界が見えるかもしれません!

会社を辞めることを伝えるタイミングは?いつがいいの?

会社を辞めると決めたとしても、現実的に社内で伝えるわけにもいかないですし、こっそり伝えたいですよね。

基本的には、最短で退職する2週間前に上長に伝えば辞めることが法律で認められています。(民法627条に書いています。)

しかしながら、業務が忙しいもしくは繁忙期などは言い出しにくいですよね。

だけど、会社が忙しいことや人手不足などは自分のせいではないですし、気にしなくていいことだと思います。

 

人手不足になるということは、離職率が高いためであることが考えられますし、1人が辞めたことで回らなくなる会社の体制に問題がある可能性があります。

僕がいた会社では、新人に仕事を教えないで放置したり会社の事務所の空気がやたらと重かったり、罵声を浴びせる上司がいたりとしていたので、常にピリピリムードでした。

 

一般的には、会議室などに上司を呼んで「会社を辞めます」と伝えたいところですが、事務所内が異常に静かだったりすると会議室の話が筒抜けだったりします。

会議室に呼ぶということも、周りから見ると「何?何?」と気になるイベントのようなものなので余計に聞き耳を立てられそうですし、そういう野次馬ごとが好きな同僚もいたので呼び出して報告することがどうしてもできませんでした。

 

聞かれるのが嫌だった僕は、就業時間後に上司が帰宅するタイミングを見図って、会社の駐車場で「会社を辞める」ことを伝えました。

ただ、周りに他の社員がいないことをちょっと確認した方がいいかもしれません、2人で話しているところに割り込まれたら隠せなくなってしまいますから

まさか、退職の話をしているなんて思われないですし、僕は割と言いやすかったですよ。

一般的には、退職することを伝えるタイミングとしては、朝は避けた方がいいと言われています。

朝は、確かに上司も仕事をスタートさせる前などは時間が空いていると思いますが、上司も人間ですし朝からテンションが下がる内容を言うのはあまり良くないですし辞めるまでの間も嫌悪感を抱かれるかもしれません。

就業時間後の方が、上司も就業中は仕事に集中してほしいと思っている方もいると思いますし、業務から開放されリラックスしている状態ということもあり断られる可能性も低くなるらしいですね。

15時から17時の間がベストという話もありますが、僕の場合は会議室に呼べる状況ではなかったため就業後に報告がベストではないかと思います。

退職届は書いたほうがいいの?

会社を辞めるとなると、正式な退職届を会社に提出する必要があります。

会社によっては、上司への意思表示だけで通るようですが、言った言ってないの話になることもあることもあるようなので退職届を提出するほうが安心ですよね。

ただ、上司への意思表示の段階では退職届を準備していなくても大丈夫です。

というのは、退職届に退職日を記載しなければならないからです。

退職日については、上司との相談で決める必要がありますし、業務の引き継ぎ、忙しさによっては最短の2週間で考えていたとしても認めてくれなくて揉める可能性もあります。

 

退職の流れとしては、まず意思表示をして上司と相談し「いつまで会社にいればいいのか?有給休暇はいつから取るのか?」など相談した後に退職日を書いた退職届を提出するといいですね。

どうせ辞める会社だからと言って、後任の方に迷惑をかけないようにしたいですし、やり取りしている会社にメールを送らなければならないですよね。

2週間もあれば、できてしまうと思いますが上司も総務や社長に報告することの他に自分の心の準備もあるわけなので、相談してお互いが納得できるようにしてからの方が円満に退職できると思います。

まとめ

今回は、会社に退職を伝えるタイミングや退職届は書いたほうがいいのかについて書いてみました。

会社を辞めるというのは、とても勇気がいることだと思いますし、決断することって本当に大変ですよね。

円満に退職したいと思ってもうまくいかないかもしれないと思うと、先延ばしになってしまいますが、自分を守ることも僕は大切なことだと感じます。

時には逃げてしまっても大丈夫ですし、生きていればなんとかなります!